クロスファイア推奨

シンプルさを持ちながら戦略性も高いFPSオンラインゲーム、「クロスファイア」。

 

今や世界中で人気となっており、e-Sportsイベントというものでも公式退会種目に選ばれました。

 

操作性が非常にシンプルなので初心者もすぐに慣れるシステムとなっていますが、その戦略性においてはやりこめばやりこむほど味わい深いものとなっています。

 

そんなFPSゲーム・クロスファイアですが、これに適したPCにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

■推奨スペックについて

 

PCのことを開設する前に、まずはクロスファイア公式で推奨されているPCスペックを確認しましょう。

 

以下のようになっています。

 

OS:Windows XP/Vista/7
CPU:Pentium4 2.0GHz以上
グラボ:GeForce 6600以上
メモリ:1GB以上

 

このように、FPSとしては非常に要求スペックが抑えられています。

 

ただし要求されているOSの兼ね合いも考えると、CPUは少なくともマルチプロセッサ型のものが必要となるでしょう。

 

Pentium4だとパワー不足に陥りかねません。

 

また、メモリも1GBだとOS(特にVista以降)の起動が精々となってしまうので、少なくとも2GB以上あるものが望ましくなります。

 

■推奨PCの紹介

 

では、実際に推奨されていうPCのモデルについて紹介していきます。

 

まずはドスパラ

 

 

 

 

OS:Windows7・64bit
CPU:Corei5-4570
メモリ:8GB
グラボ:GeForce・T640・1GB
容量:1TB(HDD)

 

このようになっております。

 

この他にもSSDやBlu-ray搭載に対応しており、こちらを購入するとウイルス対策ソフトが1,050円で購入可能などのキャンペーンも実施中です。

 

また、購入特典として「MG3-Gold カプセル 5個」などゲーム内で利用可能なアイテムが複数受け取れるようになっているので、クロスファイアを始めたい方には更にお得な仕様となっています。

 

次に、G-tune

 

G-tuneからはクロスファイアチャンピオンシップ2013の推奨PCが出ています。
icon
icon
OS:Windows8・64bit
CPU:Corei3~7
メモリ:4GB~
グラボ:GeForce・GTX650・1GB~
容量:500GB(HDD)

 

このようになっています。

 

こちらはドスパラのものと比較して
・ややスペックが低い
・クロスファイアに関する購入特典が違っている
となっています。

 

スペックについては確かに多少低くなっていますが、その代わり費用もドスパラのものと比べてかなりリーズナブルになっています。

 

手軽にPCを購入してみたい方には、こちらをオススメします。